「英語を学びたい」

と言っても、色々あると思います。


受験で合格するために英語を学んでいるのか、

職場で必要なビジネス英語を学びたいのか、

英語で会話できるようになるために学ぶのか。



「読み書き」よりも「聞いて話す」

実際に英語で話せるようになりたい。

それなら、海外ドラマがオススメです。


海外ドラマがいいのは、
物語を楽しみながら学べること。

自分が「おもしろい」
「好きだ」と思える作品を選ぶ。


一度学んだフレーズが、
次のエピソード、また次の
エピソードで出てくるので、

1つ1つの英語フレーズを
自然に覚えていくことができます。



今まで、たくさんの
海外ドラマを見てきましたが、


「おもしろい!」と
「会話で使える英語」という観点で、

特にオススメな作品を
3つ紹介したいと思います。



デスパレートな妻たち


*ヒューマンドラマ & サスペンス

*近所の家族の日常が舞台

*日常会話で使えるフレーズが豊富

*ナレーションの名言がステキ


「海外ドラマを見ながら、日常英会話を
学びたいんだけど、何がオススメ?」

と聞かれたら、いつも

はじめにオススメするのは

「デスパレートな妻たち」







ビッグバン・セオリー


*コメディー

*オタクなトークやブラックジョークも多いが、
日常会話で使えるフレーズもたくさん出てくる

*1つのエピソードが約20分


海外ドラマは、
だいたい1つのエピソードが40〜45分

このドラマは20分なので、

「短い時間で、少しずつ学びたい」なら、これ。







ホワイト・ハウス


*政治ドラマ

*ビジネス英語を学びたい人に特にオススメ

*日常会話で使えるフレーズも出てくる

*他のドラマよりも話すスピードが速い


以前勤めていた外資系の職場の上司に
オススメされて、見るようになりました。

ストーリーや
キャラクターも魅力的で、

実際に職場で使える
ビジネス英語も豊富で、
とてもお世話になった海外ドラマ。







なんで「はじめの5分」?


以前、
中国語を勉強するために
台湾ドラマを見ていました。

1つのエピソード40分間、
ずっと集中していると、

すごく、つかれる。


集中してフレーズを学ぶのは、
はじめの5分だけ。


あとの時間に出てくるフレーズは、
聞き取れれば、聞き取れるし、

聞き取れなくて理解できなくても、
大丈夫、そんなに焦らない。


はじめから完璧を求めない。


少しずつ学んでいければ、それでいい。


そうすると、
気が楽になり、

物語を楽しみながら、
学び続けることができました。



「はじめの5分」は、
無理なく続けていくための、
小さなステップ。