ジブリ映画の英語吹替え版から、

なんとなく好きなフレーズをランキング形式で紹介したいと思います。

 

今回英語で見たのは、次の5つの作品。 

  • となりのトトロ (日本版DVD)
  • 天空の城ラピュタ(北米版DVD)
  • 魔女の宅急便(北米版DVD)
  • もののけ姫(日本版DVD)
  • ハウルの動く城(日本版DVD)

 

10. Imagine what I could have done with your eyes or your heart.

002m
カルシファー:目か心臓だったら、もっとすごいんだぞ。

ハウルの動く城

カルシファーが髪の毛をくれたソフィーに

 

メモ:カルシファー、好き。

英語版のカルシファーは

日本語版のカルシファーよりもよくしゃべります。

 

 

9. You can not alter your fate.


ヒイ様:運命は変えられない。

もののけ姫

 


 

8. (We're still alive.)  We'll manage somehow.


おトキ:生きてりゃなんとかなる。

もののけ姫

 

メモ:「生きてりゃなんとかなる」って響きが好き。

その言葉に込められた雰囲気が、どうしても英語では、

上手く表現しきれてないように感じた。かといって、

自分だったらもっと上手に訳せたかと考えると、

自信はない。ただ、「We'll manage somehow」

っていう英語の響きは、好き。

 


 

7. There's no gaurantee that you'll see him all the time.


お父さん:毎回(トトロに)会えるわけじゃないんだよ。

となりのトトロ

 

メモ:なんでこのフレーズが好きなんだろうって考えて、ふと思った。

毎日、いい日もあれば、そうでない日もある。

人生、春のような時期もあれば、冬のような時期もある。

 

そして、たまには、トトロに会えるような日(瞬間)もある。

まるで、天にも昇る、魔法のようなひととき。

そのようなときが巡り巡ってきたらラッキー。

それが、毎回のように、あたりまえのように訪れるわけではない。

 

 

6. You are a natural.


ハウル:上手だ。

ハウルの動く城

ハウルがソフィーと初めて会って空を飛ぶ(歩く?)場面で。

 

メモ:単に「You are good」って訳されてないところが、素敵だと思った。

 

 

5. Frankly I think this is a major insult.  Crows used to serve witches and do what you told them.

003m

黒猫ジジ:あーあ、魔女も落ちぶれたもんだね。

カラスは魔女の召使いだったのに。

 

直訳:率直に言ってヒドい侮辱だよね。

カラスは魔女に使えてて、なんでも言うこと聞いてたのに。

魔女の宅急便

 

メモ:英語版のジジ。

日本語版とは雰囲気が違うけど、

また違った味が出ていて、私は好きです。

 

 

4. I've got a different kind of necklace for you.


お前たちには、お縄をたっぷりちょうだいしてやるわ。

直訳:お前たちには、また違った種類のネックレスをくれてやる。

天空の城ラピュタ

 

軍の大佐(だったかな?)が捕まったドーラ一家に。

 

メモ:これも単に「I've got lots of rope for you.」

って訳されてないところが良い。翻訳者のセンスが素敵。

 


 

3. We each need to find our own inspiration.


ウルスラ:みんな、それぞれのインスピレーションを見つけないといけない。

魔女の宅急便

 

メモ:日本語版は、また違うセリフだった。

ここの場面は、空を飛べなくなった(魔法を使えなくなった)キキに、

ウルスラが、自分が絵を描けなくなったときなどの話をしている場面。

 

全体的に、日本語とは少し違うことを言っているような気がした。

でも、直訳に近い形で、言語的に忠実に翻訳するよりも、

この場面に関しては、雰囲気を大切に、

1つ1つのセリフが翻訳されたんじゃないかと感じた。

 

 

2. I've never felt so peaceful before.

001m
ソフィ:こんな穏やかな気持ちになったのは初めて。

ハウルの動く城

 

メモ:洗濯が終わって、湖の前で

ソフィが長い間イスに座って、

マルクが呼びにきたときに言った、ひと言。

英語の響きも日本語の響きもすごく好き。

 


 

1. One for all, all for mom.

 004m

ドーラ:一人はみんなのために、みんなはママのために。

天空の城ラピュタ

 

メモ:ドーラ一家とパズーが、シータを助けに行く場面です。

これは、もう、聞いたとき、笑ってしまいました。

「え、今なんて??」って。

 

日本語版は「みんな援護しな」か

「後につづきな」か、そんな感じだったと思う。

その場面に、ぴったりハマってて、お気に入りのフレーズ。

決して日常会話で使えるようなフレーズではないですが(笑)。

 

 

【おまけ】40秒でしたくしな!

 

天空の城ラピュタで、シータを助けに行く場面で、

ドーラがパズーに言うあの有名なセリフ。

「40秒でしたくしな!」英語では...

 

We leave here in one minute!

1分後に出発する。

 

あー、1分になっちゃってる...。

 

 

そして、ムスカがパズーとシータに銃を片手に

「(話す時間を)3分やろう」と言った場面。

3分だったよね?3分だった気がする。

 

(確認中...)

 

はい、「3分間待ってやる」でした。

 

I'll give you one minute, starting now.

今から1分間やる。

 

あー、こちらも、

なぜか、1分になっちゃってる...。

 

 

最後に

 

どうでしたか?

英語吹替え版は、日本語版よりも全体的に

登場人物たちのテンションが少し高めだな〜っていう印象を受けました。

作品によっては、英語音声もいくつか違うパターンがあるみたいです。

 

ジブリを見ながら英語学習もいいですね...。

 
関連記事:

【お知らせ】魔女の宅急便の英語フレーズ集ができました

【ジブリ映画で英語学習】魔女の宅急便

【ジブリで英語学習】ハウルの動く城

【ジブリ映画で英語学習】となりのトトロから10フレーズ






p.s.
You might want to pick up my book,
just because you've read this far ;)