こんにちは、kanataです。

 

いつも思います。

どんな言語を学ぶときも、

その言葉(単語やフレーズなど)と

仲良くなるという感覚が大切だって。

 

 

例えば新しい人に出会っても、

その後に、会う機会がないと名前も覚えられず、

顔もどんな感じだったかも忘れていく。

言語習得のコツ。単語・フレーズに何度も出会う。

 

 

この前ふと思ったことがあります。

単語帳を前に勉強している様子

 

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

英単語 → 日本語

 

これは、例えれば、パーティー会場などに行って、初めて会う人を

10人くらい一気に紹介されることに似ているんじゃないかなって。

 

こちら、左から「佐藤さん」「鈴木さん」「高橋さん」「田中さん」「川野さん」「上田さん」「南さん」「原田さん」「藤原さん」「渡辺さん」

 

聞き終わった瞬間に

誰の名前が何だったか忘れちゃいますよね。

 

その上、誰々は、〜の会社に勤めているとか、

誰々の趣味は〜だとか、説明されても、

よほどその人に興味がなければ、

明日、1週間後になれば忘れると思います。

 

f:id:live-yourlife:20161113170027j:plain

http://dichotomydefinition.com/most-common-words-in-english/

 

もちろん、人との知り合い方も、

英語の勉強の仕方も、人それぞれ。

自分が「これだ」と思うやり方でやるのが良いと思います。

 

私も、英検1級を2回目に挑戦したとき、

泣きながら単語帳に向き合ったことを覚えています。

今ふりかえっても、苦しい思い出です。

 

がむしゃらに勉強したし、

必死に、できるだけ多くの単語をつめ込もうとしました。

その努力が「合格」という形で報われたときは本当に嬉しかった。

 

でも、あの頃の自分の単語の覚え方に疑問を持っています。

だって、覚えたはずの単語たちは、

試験が終わると、すぐに自分のもとから離れていったから。

 

いくつか自分の記憶に残っている単語もあります。

 

それらは、試験後に読んだり見たりした、

英文記事や洋書、映画、海外ドラマなどに出てきて、

くり返し目にしたり耳にすることで、

本当の意味で自分の中に定着したんです。

 

 

関連記事:

【単語・フレーズの覚え方6つ】何度も何度も何度も出会う

今よりも10倍速で単語やフレーズを覚える方法 

 

 

最後に

 

もしあなたが、今、単語やフレーズを覚えることに行き詰まっているなら、

まずは1つの単語やフレーズと仲良くなってみるのもいいかも。

 

どういうことかと言うと、英単語を1つ選んで、それを中心に、

その英単語が使われる英文や、慣用句、フレーズなどを学んでいく。

 

たくさんの英単語やフレーズを中途半端に学ぶより、

まずは、1つをしっかり身につけることで、

 

「理解できる!」

「会話の中で使うことができる!」

という感覚をつかむことができ、

「もっと学んでいきたい」という意欲につながります。

 

「でも、どの英単語を選べばいいの?」

 

そうですね、まず、会話の中で

めったに使われないような単語は、

選ばない方がいいですよね。

 

英語(口語)でもっともよく使われる英単語2000

この中から1つ選んでみるのがいいと思います。

Top 2000 English Vocabulary Words used in Speaking

 

 

今回の話は以上です。

 

あなたが楽しく英語を学び続けて行けますように...。

Wishing you the very best on your English learning journey... 

 

 




p.s.
You might want to pick up my book,
just because you've read this far ;)